toto最終予想

【確定】第1242回toto予想(最終マルチ版)

Pocket

最終追加コメント

暫定予想から迷いながらも、以下の2つの枠に追加マークを行ないました。

(6枠)ヴィッセル神戸 vs サガン鳥栖

ここ2シーズンは神戸が連勝している点を重視し、まずはホーム神戸勝ち本命でスタートしましたが、
ともに負けにくいチームで粘り合いのドローも十分に可能性があると判断。ドロー追加のダブル設定に
変更します。

(11枠)愛媛FC vs 水戸ホーリーホック

愛媛は中2日の試合と言うことで、コンディション面の差は大きいと判断し、まずはアウェイ水戸勝ち
本命でスタートしましたが、今季の水戸は試合ごとの波が激しく、逆目の可能性も十分ある得ると判断。
愛媛の内容が上昇傾向であることも考慮し、ホーム愛媛勝ち追加で両端抑えのダブル設定に変更します。

ということで、最終的に6W2Tの削減購入6,400円となりました。

思った以上に予想を絞り切れず、やや投資額が増えましたが、日曜日集中開催であまり邪念なく
予想した感じになっています。

それでは改めまして、皆様にtotoの神様が舞い降りますように!!


昨日まで以下のとおり、
全く当たらない管理人(管理人はこんな奴)が、本ブログのJリーグtoto予想週刊スケジュールに沿って、「第1242回toto予想プレビュー」
「第1242回toto予想(J1本命予想:1~4枠編)」
「第1242回toto予想(J1本命予想:5~9枠編)」
「第1242回toto予想(J2本命予想:10~13枠編)」
と進めてきましたが、今日はダブル・トリプル含めた最終マルチ版の確定編です。

第1242回toto予想(最終マルチ版)確定編です。

(5月30日8:30時点)


(以下、昨日までの「暫定予想」の内容です。)

現時点でダブル・トリプル設定を加えた枠について

(2枠)FC東京 vs サンフレッチェ広島

このところ3バック回帰で試合内容に安定感が見られる広島にやや上昇の兆しがあると判断し、
アウェイ広島勝ち本命でスタートしましたが、その広島も万全とは言えず、ホーム戦績は勝ち負けが
ハッキリしているFC東京が勝利する可能性も大いにあり。
わずかに広島優勢と感じながらも、FC東京がホームで本領を発揮する可能性も考慮し、ホームFC東京勝ち追加で両端抑えのダブル設定です。

(3枠)ベガルタ仙台 vs セレッソ大阪

下位に位置しながらも、ここ数試合の内容に勢いが感じれる仙台の状況に、C大阪の内弁慶ぶりも考慮し、
波乱期待も込めて、まずはホーム仙台勝ち本命でスタートしましたが、C大阪も徐々に戦力が戻っており
やはり現在の順位等を考えるとシングル勝負は心許ないと判断。
やや仙台に勢いあると考えながらも、現在の戦力・戦績・順位等考慮し、アウェイC大阪勝ち追加で両端抑えのダブル設定です。


(5枠)ガンバ大阪 VS 横浜FC

下位に低迷する両チームの対戦は、試合内容に少し安定感も出てきた横浜FCが若干良好な状況と
考え、アウェイ横浜FC勝ち本命でスタートしましたが、G大阪も前節の勝利でキッカケを掴む
可能性も十分で、やはりどう転んでもおかしくないカードと判断。
不安を払拭出来ない両チームの対戦は、やはり3通りの結果を排除できず、リスク回避のトリプル設定です。

(7枠)徳島ヴォルティス VS 湘南ベルマーレ

ドローの多い湘南の戦績を重視し、ロースコアの展開も想定した上で、まずはドロー本命でスタート
しましたが、前節川崎とドローを演じた湘南が日程面でも試合間隔が一日長く、わずかに優位に
立てると想像。
実力伯仲で予想困難なカードですが、日程面のわずかな差を考慮し、アウェイ湘南勝ち追加のダブル設定です。


(9枠)川崎フロンターレ VS 鹿島アントラーズ

王者川崎と好調鹿島で今節一番の好カードながら、本命となると王者川崎を優先せざるを得ず、
まずはホーム川崎勝ち本命でスタートしましたが、鹿島が川崎の連勝を止める可能性も否定できない上、
このところ鹿島絡みを外しまくっている管理人の個人的事情も加味。
やや川崎優勢と考えながらも、鹿島の好調さを十分考慮し、リスク回避最優先でのトリプル設定です。

(13枠)京都サンガF.C. VS ヴァンフォーレ甲府

注目のJ2上位直接対決は、失点の少ない両チームでロースコアの展開を警戒し、まずはドロー本命で
スタートしましたが、やはり10戦9勝1分で首位に立った京都の充実ぶりは際立つ印象。
クロスゲームは必至ながらも、首位京都の勢いを考慮し、ホーム京都勝ち追加のダブル設定です。


追加マーク検討中の枠は・・・

「暫定」段階では削減購入4W2Tのマークとなりましたが、何か所か追加マークを検討中。

追加検討中の枠は・・・
・2枠のドロー
・3枠のドロー
・4枠のドロー
・6枠のドロー&アウェイ鳥栖勝ち
・7枠のホーム徳島勝ち
・11枠のホーム愛媛勝ち
・12枠のどろー&アウェイ琉球勝ち

ということで現時点でのシングル勝負決定は1枠の「ホーム横浜F・マリノス勝ち」、
8枠の「ホーム浦和レッズ勝ち」、10枠の「ホームモンテディオ山形勝ち」の
3カードとなっています。

1枠、10枠は75%以上のホームチームへの支持率で、この2つの枠のシングル決定は
異論も少ないのではないかと思います。

ただ、8枠は本来トリプル候補と言っても良いカードなのですが、ここ数試合の状況や
勢いを考慮し、2位名古屋を切るというかなりリスキーな選択をしています。

このカードだけでもかなり危ないのですが、他にも悩ましいカードがあり、当初の想定より
少し悩みが多いですが、いずれにしても販売締切日の日曜日朝の時点で踏ん切りをつけたいと
思います。


ここまでじっくりと予想を進めましたが、明日日曜日朝の状況も確認し、早い時間に
追加マーク&購入予定の「確定版」を更新したいと思います。

それでは、皆様にtotoの神様が舞い降りますように!!

ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら幸いです。
既に応援いただいた皆さん、ありがとうございます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-toto最終予想

© 2021 【toto予想】僕の妄想totoLIFE Powered by AFFINGER5