Jリーグ小話

2020Jリーグ開幕節を見て(J1編)

Pocket

遂に海外totoまでなくなってしまい、「妄想」を抱くことさえ許されず、現実に直面している今日この頃
ですが、折角時間が出来たので2020Jリーグ開幕節のJ1、J2併せて全20試合をフルタイム視聴して
みました。

超素人ポンコツ予想屋にもかかわらず、シーズンイン前に恐れ多くも「展望」的なことをしてしまいました
が、実際に見てみて、印象の変わったチームなど「言い訳がましく」呟いてみたいと思います。

まずはJ1から行ってみます。


ちなみに管理人のJ1展望のまとめ的なものはこんな感じでした。
本命 川崎、鹿島
追うのが 横浜FM、C大阪
今季はチャンスあり 神戸、G大阪
上位候補も優勝にはやや迫力不足 FC東京、広島、札幌
混戦になれば可能性あり 柏
シーズン前から予想困難 浦和、名古屋
一定の順位は期待できる 大分
プラス・マイナス要素が混在 仙台、清水
まずは残留争いを回避 湘南
残留が最大のミッション 鳥栖、横浜FC 

さすがにたった1試合で「前言」を翻す訳にもいきませんし、勝ったチームや開幕節内容の
良かったチームの印象が良くなるのは当然ですよね。

また、直後に1ヵ月以上の中断期間が入るのですから、今後は全く不透明ですが、それはそれとして
感想を述べたいと思います。


本命推しの2チームは・・・

一応「本命」と予想した手前、まずは鹿島アントラーズ川崎フロンターレについて

開幕節の結果で驚きだったのは、広島3-0鹿島、川崎0-0鳥栖、完全にこの2試合でした。

ちなみにtoto予想では広島勝ちをシングルにしていて、鹿島の苦戦は想定していましたが、ただ、
その負け方は想定外。

序盤の良い時間帯に決めきれず、ミスから先制され、直後に連続失点、後半にダメを押される・・・
いわゆる「勝てないチームの負け方」で、内容はともかく「鹿島らしさ」「鹿島は鹿島」という独特の
雰囲気は全く感じられず・・・

試合を見る限りでは、リーグ序盤戦はかなり苦労しそうな印象でしたが、考えてみれば準備期間がほぼ
なかった中で、「やり方」を大きく変え、選手も大きく入れ替わっている訳ですからね。

たた、そこで予期せね不測の事態での長期中断です。明らかに今までの鹿島のイメージとは違うチームに
なりそうですので、再開後も要注意ではありますが、この中断期間をJリーグで一番有意義に活用できる
のではないかと考えます。

大いに不安な内容・・・でしたが、この中断により、再開後、どの程度ブラッシュアップできているか
逆に楽しみと言えますね。

一方の川崎は「内容的には圧倒しながら、なぜか結果はドロー、しかも等々力で」という、昨年totoを
外しまくったパターンが早速来てしまいました。

Jリーグの全20試合の中で、J2の「徳島vs東京Ⅴ」と並んで、試合内容の優劣がハッキリしていたの
ですが、なんで結果はドローなんでしょうねぇ・・・(-_-;

気になっていた右サイドの連携もスムーズでしたし、途中交代のルーキー2名も存在感を発揮していまし
たし、これと言って悪いところは見当たらなかった気がするのですが・・・

そもそも昨季までのようにVARがなければ、普通に3-0ぐらいで勝っていたんでしょうけどねぇ・・・
内容が悪くないだけに、修正が難しく、袋小路に入らなけれないいのですが・・・

昨シーズンも「内容は悪くないので、どこかで爆発的な連勝が来る」と考えていたのですが、結局は
音沙汰なしで終わりました。

個人的には鹿島よりも心配しています。

そもそも川崎のように「圧倒して勝つ」チームは醍醐味がありますし、どうしても「川崎は強い」という
先入観が抜けない管理人ですので、早めの覚醒をお願いしたいところです。


ポジティブな印象のチームは・・・

その他16チームの中で印象が大きくポジティブな方に振れたチームとしては、まず、清水エスパルス
しょうか。

試合結果としては1-3というスコアで敗戦。
最後、FC東京の「ブラジルカルテットの力任せの猛攻」による連続失点での敗戦で、後味は悪かったと
思いますが、約70分間は完全に清水のゲームでしたねぇ・・・

適度な距離間で小気味よくボールが動いて、見てて面白い感じでした。
まだ、ヘナト・アウグスト、エウシーニョや新しい外国籍FWも不在でしたので、大いに「伸びしろあり」
と感じられました。

新監督が新監督なので、もしかしたら横浜FMの2年前ポステコグルー1年目のように、波の激しい
シーズンになるかもしれませんが、個人的には「楽しみなチーム」が一つ増えた印象です。

ただ、toto的には当面「両端抑えのダブル」の多用になりそうな気はしていますが・・・・

あとは、名古屋グランパスですかねぇ・・・

名古屋に関しては1トップのジョーのポジションをどうするのか次第と思っていましたが、そのジョー
不在、さらに山崎までもベンチスタートでゼロトップ的な布陣でしたが、みんなよく走ってましたね。

もう少し守備的で選手の持ち味が出にくいチームになるのかなぁと思っていましたが、攻守の切り替えも
含め、強度の確保と、個人スキルの高さが良い具合にブレンドされていたように感じました。

懸案のジョーは練習に復帰しているようですが、ジョーが「普通の状態」なら「来そうな」気が
しています。

まあ、toto的にはいつも裏切られるので、過剰な期待は禁物ですが・・・(-_-;

実は18チームもあるのに、「いい方に」印象が変わったのはこの2チームぐらいですかねぇ・・・
この2チームは攻撃に魅力のある選手が多く、元々個人的に期待しているチームということもあるかもしれ
ませんが・・・(-_-;


その他に印象に残ったのは・・・

その他の結果で目に付いたのは柏4-2札幌。

J1J2全20試合の中で最もスリリングな試合でしたね。
シュート数もですが、両チームの決定機の数も半端なかった印象です。

柏レイソルの強さが目に付いた感じもしますが、柏の得点はほぼすべて「オルンガ起点+前線の決定力の
高さ」がクッキリ出た感じです。

J2では少々数的不利な状況でも「簡単にオルンガに収まってしまう」というのが普通でしたが、舞台が
J1になっても、その現象は頻発しそうですね。

一方のコンサドーレ札幌ですが、実は狙って綺麗に崩した形自体は札幌の方が多かったような気がします。
また4失点のうち、2点はGKとDFラインの連携ミス(オルンガのスピードを見誤った)によるもので、
悲観する必要はなさそうです。

また、そのGKク・ソンユンは「バセドウ病」を発症したことを公表しました。
やはりこの試合でのコンディションも問題があったのでしょうね。早期復帰を祈りたいと思います。

ただ、貢献度の高かったク・ソンユンの離脱で、実力者菅野がいるとはいえ、札幌はGKの補強が急務に
なりそうです。

あ、そういえば相手の柏も超一流の2人のGKが負傷ということになりました。
GKの離脱が多い気がするのは気のせいでしょうか・・・


ハッキリと両面が出た浦和

シーズン前、名古屋とともに「わからないチーム」に挙げた浦和レッズですが、開幕戦は湘南相手に
紙一重の内容で勝利しました。

序盤戦結果が出ないと、何かと騒がしくなりそうなことを思えば勝利は何よりでしたが、これほど
ハッキリ課題と収穫が出たチームは他にありません。

攻撃時魅力抜群の左サイドでしたが、守備時、特にクロス対応は脆さを露呈していましたねぇ・・・(-_-;

また、能力の高さを見せたレオナルドと興梠の共存も今後課題になりそうですが、一方で途中交代で
出てきたマルティノスはキレキレで、無双な感じでした。

まさに良い面と悪い面がクッキリとしています。
この中断期間でどんな方向に舵が切られるのか、俄然注目されます。

ただ、浦和と言えば、2年前ぐらいまではtoto的には鉄板チームでしたが、このような課題が気になる
状態ではなく、もっとビッグクラブらしい戦いで、是非「鉄板」の雰囲気を取り戻してほしいものです。

あとは神戸1-1横浜FCと言う結果も波乱と言えば波乱ですが、特に両チームの印象が変わったという
ことはなく、もう少し再開後の試合を見ないといけませんね。


取り急ぎ、開幕節全試合視聴した段階で、J1の印象を呟いてみました。

まあ、いつもJリーグをウォッチされている皆さんなら、大なり小なり感じられた内容かとは思いますが
少し文字に起こしてみました。

それにしても3月後半にこんな暇つぶし企画をやっているとは思いませんでしたね。
次回は「J2編」を文字にしてみようと思いますが、その後は開店休業ですね・・・(-_-;

もう、見る試合はありませんが、youtubeあたりで結構面白い関連番組があるので、そっちも見てみよう
かと思っています。

いずれにせよ、Jリーグとtoto妄想のある週末を迎えるため、一日も早い事態の収束を祈りたいと思います。

ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら幸いです。
既に応援いただいた皆さん、ありがとうございます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-Jリーグ小話

© 2020 【toto予想】僕の妄想totoLIFE Powered by AFFINGER5