toto予想ぷれびゅー

第1154回toto予想プレビュー

Pocket

さあ、いよいよ2020シーズンJリーグ開幕です。
開幕戦はデータもなく小手調べ感満載ですが、まずは始まる喜びを噛みしめながら、
気楽に楽しみたいと思います。

そんな2020オープニングJリーグtotoは第1154回J1J2対象となりますが、今回もこれまで同様
プレビューから行ってみましょう。

J1の試合はフライデーナイトJでのオープニングゲームである「湘南vs浦和」がtoto対象外。
それ以外の8試合が対象でうち半分の4試合が2月22日(土)開催。

J2はすべて2月23日(日)開催で対象は5試合なので、曜日別で見れば、J1の4試合が土曜日開催で
残りのJ1の4試合、J2の5試合が日曜日開催となります。

最初の試合は土曜日14:00キックオフの「仙台vs名古屋」となります。

そのため、toto投票締め切りは、
「2020年02月22日(土)(ネット 13:50/スポーツくじ取扱コンビニ 11:30/くじ売り場 12:00) 」
となっており、スタメン確認はJ1土曜日開催の全4試合が可能となっています。


早速、現時点の投票率をチェックして見ましょう。

こんな感じの第1154回totoですが、現時点の投票率から見てみましょう。

現時点の投票率(2月17日19時45分時点)
※スマホ閲覧の方は横画面にすると表が大きくなると思います。


60%以上の支持率は・・・

支持率60%以上の偏りが出ているカードは以下の通り

2枠の「ホームC大阪勝ち」
3枠「アウェイFC東京勝ち」
4枠の「ホーム横浜FM勝ち」
7枠の「ホーム川崎勝ち」
8枠の「ホーム神戸勝ち」
11枠の「アウェイ新潟勝ち」

と、J1の試合を中心に6カードに支持率の乖離が見られます。

特に3枠、7枠、8枠は昨季の上位チームに対し、今季も厳しい戦いが予想されるチームや、昇格組の
横浜FCの組み合わせになっているので、最終的にも投票率の乖離は進むような気がしますね。


比較的、本命予想に迷いはないラインアップ

開幕戦ということで、ただでさえ各クラブにとって難しい初戦ですが、今回のラインアップを見ると
いわゆる「強豪直接対決」というカードがあまりなく、また「下位に想定されるチーム同士」といった
カードもありません。

強いて言えば3枠の横浜FMvsG大阪はともに攻撃力に疑いの余地はなく、かなり見応えのある
試合になりそうです。

投票率自体はどうしても昨季優勝の横浜FMに集まりがちですが、管理人的には今節一番の
注目カードです。

7枠と8枠に関しては、このような乖離は仕方ない気がしますが、昨季も昇格組の大分が鹿島を破る
番狂わせを起こしており、「大きく狙う」ならここなのでしょうね・・・(-_-;

J2は昇格組の北九州と群馬がいずれもホームゲームで開幕を迎え、昇格を争うと思われる大宮と福岡
なども登場しますので、それぞれどのような戦いを見せるか注目です。

個人的には積極補強だった群馬と新潟の試合に注目しています。
投票率は新潟寄りですが、新潟もチームがやり方を変えている最中なので、波乱の可能性もあると
見ていますが、どうでしょうか。


ということですが、今回も昨年同様J2の5試合から順に「本命予想」をたて、
その後にJ1の「本命予想」、「ダブル・トリプル含めた最終予想」の順に行きたいと思います。

よろしければ先週アップした、精度も確度も低い、なぐり書きレベルの下記も参照ください。
「toto予想から見た2020Jリーグ展望(J1~前編)」
「toto予想から見た2020Jリーグ展望(J1~後編)」
「toto予想から見た2020Jリーグ展望(J2~前編)」
「toto予想から見た2020Jリーグ展望(J2~後編)」

シーズン最初のJリーグtotoで、当選を目指すというより、まずは試合があることの喜びを感じながら
観戦中心で気楽に臨みたいと思います。

それでは今週も仕事や学業を頑張りつつ、オープニングJリーグtotoを楽しみましょう!!

ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら幸いです。
既に応援いただいた皆さん、ありがとうございます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-toto予想ぷれびゅー

Copyright© 【toto予想】僕の妄想totoLIFE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.