toto本命予想

第1142回海外toto本命予想(ブンデス編:1~8枠)

投稿日:

Pocket

少しづつペースを上げている第1142回海外totoですが
昨日のプレミアに続いて、1枠から8枠のブンデス8試合の本命予想に
行ってみます。

この8試合はminitotoの対象試合にもなっています。

昨日の「第1142回海外toto本命予想(プレミア編:9~13枠)」はこちら


それではブンデス8試合の本命予想です。


※スマホ閲覧の方は横画面にすると、少し画像が大きくなると思います。
(12月12日21:00時点)


枠ごとの予想コメント

昨日に続き、超簡易で予想コメントというほどのものはないのですが、
取り急ぎ、下記のとおりです。

(1枠)バイエルン・ミュンヘン VS ヴェルダー・ブレーメン
絶対的な強さが影を潜め、既に4敗して7位のバイエルンと、こちらも14位と調子の上がらない
ブレーメンの対戦。ともにこのところ負けが込んでおり、80%を超えるバイエルン支持の投票率を
鵜呑みにするのは非常に危険。しかしながら、当該対戦は何とバイエルンの17勝1分けと、相性面に
信じ難いハッキリした傾向があり、ブレーメンを本命にはできず。
バイエルンの変調ぶりは気になりますが、ブレーメンとの相性を重視し、まずはホームバイエルン勝ち本命とします。

(2枠)FSVマインツ05 vs ボルシア・ドルトムント
試合ごとの波が激しい13位マインツと、3位ドルトムントの対戦で本来はドルトムント優勢とするのが
本筋のカード。しかし、ドルトムントはホーム戦績に比べ、明らかにアウェイ戦績が落ち、支持率が
70%を超えるものの油断は禁物。それでも相性面でドルトムントが大きく勝ち越しており、本命自体は
順当に設定。
波乱の匂いを感じるカードですが、まずは相性面も考慮し、アウェイドルトムント本命でスタートしてみます。

(3枠)ヘルタBSC vs SCフライブルク
2ヵ月以上勝ちがなく、15位に低迷するヘルタと、5位をキープしているフライブルクの対戦。
フライブルグも万全とは言い難く、苦しい試合も多い印象でやや迷いも出るカード。
相性面を見ると、何と12回の対戦のうち7試合がドローと特徴的な傾向もあり悩みどころは満載。
しかし、最終的には失点の少ないフライブルグに比べ、複数失点の続いているヘルタを信用できず。
ダブル・トリプルは要検討ですが、まずは失点の少なさを買って、アウェイフライブルグ勝ち本命とします。


(4枠)SCパーダーボルン VS ウニオン・ベルリン
わずか2勝で17位に低迷するパーダーボルンと、10位ながらここ5試合は4勝のベルリンの対戦。
ただ、両チームともここ数試合は上位チームとも接戦や勝利を挙げており、今の戦績だけでの判断は
禁物。また、ベルリンはホーム・アウェイ戦績に大きな差があるのも特徴的。
本来ベルリン優勢が本筋も、ここ数試合の結果やホーム・アウェイ戦績も考慮し、ドロー本命でスタートします。

(5枠)フォルトナ・デュッセルドルフ VS RBライプツィヒ
前節5失点での大敗で16位に低迷するデュッセルドルフと、5連勝で首位に肉薄するライプツィヒの
対戦。このところ高い得点力を発揮するライプツィヒに対し、守備が危い印象のあるデュッセルドルフでは
やはり本命は動かず。
2位ライプツィヒの勢いと得点力を考慮し、順当にアウェイライプツィヒ勝ち本命とします。

(6枠)1.FCケルン VS バイヤー・レヴァークーゼン
わずか2勝で18位に低迷するケルンと、連勝中の6位レヴァークーゼンの対戦。
ホームでもわずか1勝で2か月近く勝ちのないケルンに対し、バイエルン、シャルケの強敵に連勝し、
アウェイ戦績も悪くないレヴァークーゼンの優勢は動かないと判断。
低迷中のケルンを、上昇中のレヴァークーゼンが上回ると想像し、順当にアウェイレヴァークーゼン勝ち本命とします。


(7枠)VfLヴォルフスブルク VS ボルシア・メンヘングラードバッハ
ここ5試合で4敗と調子の落ちているヴォルフスブルクと、前節バイエルンに劇的逆転勝利で勢いに乗る
首位ボルシアMGの対戦。守備の堅かったヴォルフスブルクも最近は失点が増えており、ボルシアMGとの
チーム状態の差は明らか。
ロースコアの展開は要警戒も、ここ数試合の勢いの差は明らかと判断して、アウェイボルシアMG勝ち本命とします。

(8枠)シャルケ04 VS アイントラハト・フランクフルト
前節アウェイでレヴァークーゼンに屈したものの、好調を維持し4位に付けるシャルケと、
ホーム・アウェイ戦績の差が著しく11位と中位から脱せないフランクフルトの対戦。
当該対戦の相性を見ても、フランクフルトの内弁慶ぶりが際立っており、やはり安定感で
シャルケの優勢は動かず。
シャルケの安定感と、フランクフルトの内弁慶ぶり考慮し、順当にホームシャルケ勝ち本命とします。


ということで、昨日に続き、知識に乏しく読み応えなき本命予想ですが、その分やや
データ重視の予想内容になってしまった気がします。

ただ、昨日のプレミア11枠~13枠の鉄板候補ラインナップに比べれば、アウェイチーム優勢な試合も
多く、逆に言えばその分波乱要素も多くなっている気がします。

あとは最終予想でダブル・トリプルは要検討しますが、ここはさすがにただの山勘状態に
なりそうです・・・(-_-;)

まあ、その分気楽にやってみようと思います。


ダブル・トリプルを加えた最終予想は、明日夜アップいたします。

Jリーグtotoでは「暫定」から「確定」にアップしていきますが、情報も乏しい海外toto
ですので、一発で確定予想を立てて、それで購入を済ませたいと思います。

それでは体調にも注意しつつ、年末の海外totoを引き続き楽しみましょう!!

ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら幸いです。
既に応援いただいた皆さん、ありがとうございます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-toto本命予想

Copyright© 【toto予想】僕の妄想totoLIFE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.