Jリーグ小話

2019J1リーグチーム別総括(その2:5位~8位)

Pocket

オフ期間に入ったJリーグ、暇つぶし企画第2弾です。

もちろん気になるのは新シーズンの行方ですが、今季をチーム別に振り返って、
toto目線の反省もしてみたいと思います。

前回の「2019J1リーグチーム別総括(その1:1位~4位)」に続く、第2弾の今日は
J1の5位から8位の4チームを簡単に振り返ります。

チーム別ではありますが、ほぼ管理人独自の所感で、各々のサポーターの皆さんから見れば、
全く無知な部分や事実誤認も多いと思いますが、管理人の備忘録的なものと思って、ご容赦
(もしくはスルー)いただけたら幸いです。


今日はJ1の5位から8位の4チームを振り返ってみます

2回目の今回はJ1の5位から8位の上位チ4チームを回顧してみます。

(5位 セレッソ大阪)
・あと一歩でACL出場圏を逃したセレッソ大阪です。このチームもシーズン前の補強動向では
厳しさが囁かれたチームの一つです。杉本、山口蛍というチームの顔が流出したのは、確かに
大きなマイナスのインパクトがありました。もちろん、ロティーナ新監督の手腕に疑いの余地は
なかったものの、尹晶煥前監督の戦い方からも、戦術浸透のスピードが心配されました。

・しかし、シーズンインしてみると、当初は「内容は悪くないけど、結果が伴わない」という状態
だったものの、徐々に内容と結果がリンク。5月以降は連勝が5回あるのに対し、連敗は1回のみと
安定感が抜群の戦いでした。新加入の藤田、奥埜らが実力を如何なく発揮。都倉は怪我に泣かされま
したが、ブルーノ・メンデスがシーズン途中からゴールを量産。何よりシーズンわずか25失点の堅守
ぶりは本当に見事でした。。

・toto的にはシーズン序盤結果が出なかったことで、やや見極めに遅れが出ましてね。さらに好調・
充実ぶりがハッキリした後半戦は、ブルーノ・メンデスの負傷後、やや得点力が落ちたことで、ここでも
鉄板視することが出来ませんでした。しかし、総じて言えば、主軸が抜けた中で、ローティナ監督の
手腕が如何なく発揮された1年でした。2020シーズンはさらにチームの軸となる選手を獲得したい
ところですが、そこがうまく行けば、今季以上の成果も期待されますね。


(6位 サンフレッチェ広島)
・2018シーズンは前半戦独走しながら、後半戦は連敗を重ね大失速しての2位が印象に強く残り、
2019シーズン前もあまり補強がなかったことから、大きな期待はしていませんでしたが
中盤戦以降は安定した成績で6位フィニッシュとなりました。

・ただその道のりは、開幕2試合連続ドローのあと5連勝したかと思えば、その後5連敗。
早々に2018シーズン終盤の再現かと思われ、どうなることかと思いましたが、その後、主導権を
握って戦うスタイルが浸透し内容自体は向上。失点は元々少ないチームでしたが、得点力も
アップし、ドローは多いもののなかなか負けないチームになった感じです。

・ただ、toto的には前半戦の連勝・連敗、そしてその後安定した試合内容を見せ続けた時期も
勝ち切れずのドローが多く、なかなかシングル勝負まではできなかった感じです。5位のC大阪同様、
チームの土台はしっかりしているので、ボールを収め、さえにしっかり点を取ってくれるFWさえ
いればACLのない2020シーズンはさらに上位進出が期待されます。


(7位 ガンバ大阪)
・正直に言えば「えっ、7位なの」という感じですね・・・(-_-;
それぐらい、残留を争った2018シーズン同様、今季も低迷が長かった印象です。

・2018シーズンの宮本監督就任後の9連勝の印象があり、ファン・ウィジョの引き抜き対策さえ、
しっかりやれれば、間違いなくシーズンを通して上位に来ると思ってのですが、完全に期待を裏切られた
2019シーズンでした・・・(-_-;

・特に前半戦は失点が多く負けも込んで、昨年のような「今野が出れば勝つ」のような、これといった
判断材料もなく、toto的には終始読みにくいチームでした。中盤戦以降は一定の戦いぶりを見せてくれ
ましたが、途中5試合連続ドローもあり完全にお手上げ。7位でありながら、連勝は最後の3連勝を
含め、わずか2回だけでしたね。

・宇佐美、アデミウソンらがゴールを量産し始めた終盤戦は、得点力が急激にアップした力強い戦いぶり
でしたが、来季はシーズン当初から安定した戦いぶりをお願いしたいところです。


(8位 ヴィッセル神戸)
・このチームもtoto的に考えると、最終的には8位とはいえ完全に「期待外れ」のチームの一つです。

・何せ、ビジャ、ダンクレー、山口蛍、西大伍、サンペールにフェルマーレン・・・
さらに監督としてリージョ監督・・・これだけの補強があったのですから、多少時間はかかるとは
思いましたが、今季は間違いなく優勝争いまでいかなくとも、終始上位に位置すると予想していたの
ですが・・・(-_-;

・toto的にも「鉄板チーム」となることを期待していたのですが、4月から5月にかけての7連敗時は
逆に「裏鉄板」になってしまいかねない状況でした。後半戦もよくなってきたと思って、シングル勝負
すればあっさり大敗を喫するなど、予想する上では、悩み深きチームでしたねぇ・・・

・来季こそ「鉄板チーム」への成熟を期待したいところですが、天皇杯決勝の結果次第では、ACLが
あり、その場合、恐らくクラブとしてACLを重視した戦いになると思われ、そこの状況次第で大きく
変わりそうです。いずれにせよ、来季もシーズン当初は様子見をしないといけませんが、資金力では
リーグ屈指と思われますので、目が離せないチームの一つです。


J1の2回目は、5位から8位の4チームの2019シーズンを振り返ってみました。

しかし、6位と7位は8ポイント差もあり、「上位チーム」という定義は今季は
6位までが当てはまるんでしょうね。

特にC大阪と広島の失点数がそれぞれ25点と29点なのに対し、G大阪と神戸は
それぞれ48点と59点ですから、やはり安定感という意味では雲泥の差があった
のでしょうねぇ・・・(-_-;

さて、簡単なシーズン総括を行っていますが、かなり乱暴な総括かつ無知な記載が多いと
思いますので、広い心でご容赦いただき、引き続き他のチームも見ていきたいと思います。

ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら幸いです。
既に応援いただいた皆さん、ありがとうございます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-Jリーグ小話

© 2021 【toto予想】僕の妄想totoLIFE Powered by AFFINGER5