Jリーグ小話

2019Jリーグシーズン展望(J1編~その1)

更新日:

Pocket

さあ、いよいよ開幕まで2週間を切りました。

群雄割拠でまさにカオス状態が続いているJリーグですが、今シーズンは少し様子が
変わるかもしれません。

昨年シーズン途中に立ち上げた、このtoto予想サイトですが、totoの視点も
加味して、シーズン展望(・・・いや妄想)をしてみたいと思います。

まあ、順位予想などは評論家諸氏にお任せするとして、管理人の好みや個人的な感覚で
「精度」などは棚上げにして、今の時期許される「妄想」をしてみようと思います。

個々のチームに関する所感は、それぞれのサポータの皆さんから見れば、何もわかっていないレベル
かと思いますが、「妄想レベル」としてご容赦頂けたら幸いです。


来たれ!鉄板チーム

toto予想する上で、Jリーグtotoの悩みはやはり「鉄板チーム」がいないことです。
海外totoをやってみて、改めて感じたのですが、やはりこのことがtoto予想を困難
にしています。

鉄板チームというか、まあ、いわゆるビッグクラブということになるんでしょうけどね・・・

今季はどうでしょう。

まずは、王者川崎フロンターレ。
「鉄板」といった意味では期待大です。
チーム全体として戦術的な浸透に問題がない中、今季の補強はやや積極的なものでした。
(主なイン)
レアンドロ・ダミアン、マギーニョ、ジェジエウ、山村和也、馬渡和彰
(主なアウト)
エウシーニョ、エドゥアルド、赤崎秀平、田坂祐介、森谷賢太郎、武岡優斗

昨季も小林悠が点を取れない時や、欠場した時に取りこぼす傾向があったような気がします。
全体的な層が厚い中、唯一、FWの「特別な」人材が少なかった気がしていましたが、
レアンドロ・ダミアンが額面通りなら、圧倒的なチャンスメイク数がより活かされると
考えるのが普通でしょう。

唯一、エウシーニョの抜けた右サイドだけが気になりますが、まあ、大きな問題にはならない
気がします。他にも楽しみな新外国籍選手もいますので、そこがハマれば、まさに「鉄板チーム」
かもしれませんね。

続いて、積極補強の浦和レッズはどうでしょう。
(主なイン)
エヴェルトン、杉本健勇、汰木康也、鈴木大輔、山中亮輔
(主なアウト)
ズラタン、李忠成、武富孝介、菊池大介、平川忠亮

やはり川崎同様、最後決めきれるという意味で、杉本の加入は大きいですね。
興梠とのコンビネーションは全く問題ないようです。

ただ、「鉄板チーム」かというと、まだまだシーズンを見てみないと・・・
恐らく鈴木大輔に加え、最後に山中が取れたことで補強診断は軒並み評価アップの
ようですが、このポジションには元々いい選手がいますし、杉本ほどの大きなプラス
とも言えない気がします。

何より昨シーズン(というかペトロヴィッチ退任後)はそれまでの「相手を圧倒する強さ」は
影を潜めた気がしていて、川崎ほどの強さが出せるかはまだわからないと思っています。

昨シーズンのような低迷はなく、堅実に勝ち点を挙げていくとは思いますが、まずは
下位に取りこぼしなく、確実に勝てるかどうかに注目したいと思います。


ACLチャンピオンの鹿島アントラーズは・・・
補強という意味ではやや出遅れ感・・・というか、かなりマイナス感もある鹿島。
確かに単純な戦力では少しマイナス要素が多いようです。
(主なイン)
ブエノ、伊藤翔、白崎凌兵、平戸太貴
(主なアウト)
西大伍、昌子源、小笠原満男、ペドロ・ジュニオール

ただ、このチームは昨シーズンも主力が抜けたり、怪我人がいたりしても、なぜかブレません。
ACL制覇の過程では、相当のハードスケジュールでしたが、見事リーグ戦と両立して
素晴らしい成績を挙げました。

また、ジーコが途中でいいブラジル人を連れてくるかもしれませんし、結局、川崎に立ちはだかる
のは鹿島なのかなと思っています。

本来であれば積極補強をしている、浦和・神戸・名古屋なんかが、鹿島を凌駕するようにならないと
いけないんでしょうけどねぇ・・・

躍進を続ける北海道コンサドーレ札幌
まさに右肩上がり。
新シーズンに向けた補強も抜かりはありませんね。
(主なイン)
アンデルソン・ロペス、ルーカス・フェルナンデス、鈴木武蔵、岩崎悠人、中野嘉大、中原彰吾
(主なアウト)
都倉賢、兵藤慎剛、三好康児、内村圭宏、稲本潤一

唯一、都倉が抜けて、36歳のジェイに少し負担が大きくなる点が気になりますが、トータルで見れば、
三好が抜けたことを考えても、機動力的な部分では昨年以上に前線は魅力的です。

それよりも、今までと違って、周囲の求めるものや期待など、いわゆる「ハードルが上がっている」点が
どう影響するかでしょうか。

それだけに序盤戦、うまく滑り出せるかが、ポイントかも知れません。
楽しみではありますが、来季いきなり「鉄板チーム」というより、その階段を上り始められるか・・・
といったシーズンなんでしょうね。


大型補強の2チームは・・・

補強と言えば、やはりこの2チーム。
神戸と名古屋。

まずヴィッセル神戸。
(主なイン)
ビジャ、ウエスクレイ、山口蛍、西大伍、初瀬亮、小川慶治朗
(主なアウト)
大槻周平、藤田直之、松下佳貴、伊野波雅彦、高橋峻希

ビッグネームや日本代表クラスの補強がポンポン出て、大型補強をやっていることに
間違いはありません。やや前重心かと思いますが、唯一懸念の残るCBは物色中なん
でしょうね。資金的には問題ないようなので直ぐにでもリリースがあるかもしれません。

やはりこのチームはどうしても大味なイメージがありますので、選手の入れ替わりが激しい中で
チーム戦術的な成熟が進むかという点をよく見て行きたいと思います。戦力的なアドバンテージ
はありますので、そこがうまくいけば、今季鉄板チームに変貌する可能性はあるんでしょうね。

リージョ監督の手腕がいかんなく発揮されることを期待したいです。
ACL等もなく、リーグ戦に集中できる点は有利ですので、そこも活かしたいところです。

続いて名古屋グランパス。
(主なイン)
ジョアン・シミッチ、マテウス、赤崎秀平、米本拓司、千葉和彦、吉田豊、杉森考起
(主なアウト)
玉田圭司、佐藤寿人、八反田康平、新井一耀、楢崎正剛

相変わらずよく獲りますね・・・羨ましい・・・(-_-;)

戦力的には問題なしといえます。唯一、ジョーやガブリエル・シャビエルといった替えの効かない
選手が怪我したらってのはありますが、それもどのチームも同じですからね・・・
戦力的には間違いなくAクラスかと思います(いずれにせよ足りないと思えば、また獲るでしょう)。

米本、吉田ら頑張りの効く選手がうまくハマれば、なお脅威です。昨年後半のような爆発的な連勝の
可能性もあります。

ただ、コストパフォーマンスが良いとは言えないこのチーム。
シーズン前の期待を裏切ることも多いので、いずれにせよ、シーズンに入ってから様子を見て・・・
ということでしょうか。

春先から走るチームはあるのか・・・

さてさて「鉄板チームは・・・」という視点で数チーム考えましたが、今のところ、ハッキリ言えるのは
川崎ぐらいでしょうか。

去年は春先、広島が突っ走り、それをFC東京が追う形でしたが、その可能性といった点では
この6チームが候補かもしれませんね。

他のJ1チームは別途述べてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら幸いです。
既に応援いただいた皆さん、ありがとうございます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-Jリーグ小話

Copyright© 【toto予想】僕の妄想totoLIFE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.