toto予想ぷれびゅー

第1134回toto予想プレビュー

Pocket

キャリーオーバーも消滅し、初心に帰っての第1134回Jリーグtotoですが、
今回はJ1が再開し、通常モードに戻ります。

今週はミッドウィークの火曜日にJ1でACL関係で先に31節分を行う浦和vs広島、
水曜日にJ2の23節未消化試合である鹿児島vs岐阜があります。

その影響でtoto対象試合となっている広島と鹿児島は、他チームと比べやや過密日程と
なっています。

その他、フライデーナイトJで鹿島vs浦和があるため、その試合はtoto対象外。

そのため、対象試合はJ1が8試合とJ2が5試合となっています。

曜日で見ると、J1の1試合とJ2の2試合以外は、すべて11月2日(土)の開催。
また、最初の試合は11月2日(土)13:00キックオフ。

そのため、toto投票締め切りは、
「2019年11月02日(土)(ネット 12:50/toto取扱コンビニ 11:30/toto売り場 12:00) 」
となっており、スタメン確認は5試合が可能となっています。


早速、現時点の投票率をチェックして見ましょう。

こんな感じの第1134回totoですが、現時点の投票率から見てみましょう。

現時点の投票率(10月28日20時24分時点)
※スマホ閲覧の方は横画面にすると表が大きくなると思います。


60%以上の支持率は・・・

支持率60%以上の偏りが出ているカードは以下の通り

1枠の「ホーム神戸勝ち」
2枠の「ホーム清水勝ち」
3枠の「ホーム札幌勝ち」
4枠の「アウェイ横浜FM勝ち」
5枠の「ホームC大阪勝ち」
7枠の「アウェイFC東京勝ち」
8枠の「アウェイG大阪勝ち」
9枠の「ホーム山口勝ち」
11枠の「アウェイ岡山勝ち」

と、な・・なんと既に9試合。
J1に至っては8試合中7試合となっています。

前回の第1133回でも投票率の乖離が大きいカードが多かったですが
今回はこんな感じで大丈夫ですかねぇ・・・(-_-;)


偏った投票率と裏腹の予想困難ラインアップ

「投票率の偏ったカードが多い=絞り込みやすいカードが多い」と言いたいところですが、
順当結果が多かった第1133回とは、流石に様子が違う気がします。

60%超えのチームでも、1枠神戸、2枠清水、8枠G大阪、9枠山口は試合ごとの波もあり、
成績も特に上位という訳でもなく、正直信用度が高いとは言い難いチーム。

今、信用できるチームは、4枠横浜FM、5枠C大阪、7枠FC東京、11枠岡山あたりですが、
4枠、5枠は残留に必死の鳥栖と松本が相手。

7枠は大分ホームなのを考えても、鉄板視できるのは直観的に対戦相手の鹿児島が過密日程となる
岡山あたりのような気がしますが、これも岡山はアウェイ。

いずれにせよ9試合も偏ったカードがあるのに、シングルを簡単に即決できるカードはほとんど
ありませんし、J1は中断明けでより予想が難しいと思われます。

そもそも、なんでこんなに投票率が乖離しているカードが多いのか、少し首を傾げている
管理人です・・・(-_-;)

残りのカードも実力チーム対決の6枠川崎vs広島、J2の昇格争いを左右する12枠大宮vs柏、
13枠水戸vs山形が加わって、管理人的には「屈指の予想困難回」なのですが・・・(-_-;)


ということで、前回はやや順当な結果となり、フェイントをかけられた感じですが、今回は前回のような
絞り込みは困難です。

まあ、今回はキャリーオーバーもなく、過剰投資だけを気を付けて、気楽に行きたいと思います。

今回もまずはJ2のminitoto対象外の試合から順に、「本命予想」をたて、その後に
ダブル・トリプル含めた最終予想に行きたいと思います。

それでは今週も仕事にtotoに、楽しみながら頑張りましょう!!

ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら幸いです。
既に応援いただいた皆さん、ありがとうございます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-toto予想ぷれびゅー

© 2020 【toto予想】僕の妄想totoLIFE Powered by AFFINGER5