toto予想ぷれびゅー

第1133回toto予想プレビュー

Pocket

キャリーオーバー発生で「熱量」を上げて行きたい第1133回Jリーグtotoですが、
対象試合がJ1ではなく、やや不安ながらも予想展望に入って行きたいと思います。

今週はミッドウィークには天皇杯準々決勝と、浦和はACL準決勝のアウェイゲームがありますが、
週末のJ1の試合はお休み。

そのため今回の対象試合は、J2の全11試合とJ3の2試合がtoto対象となっています。
また、長崎と甲府は天皇杯で直接対決するため、この2チームだけやや過密日程となります。

曜日で見ると、すべて10月27日(日)の開催。
また、最初の試合は10月27日(土)13:00キックオフ。

そのため、toto投票締め切りは、土曜日ではなく
「2019年10月27日(日)(ネット 12:50/toto取扱コンビニ 11:30/toto売り場 12:00) 」
となっており、スタメン確認は9試合が可能となっています。

多少、ゆっくり予想する時間が取れそうですね。


早速、現時点の投票率をチェックして見ましょう。

こんな感じの第1133回totoですが、現時点の投票率から見てみましょう。

現時点の投票率(10月21日20時15分時点)
※スマホ閲覧の方は横画面にすると表が大きくなると思います。


60%以上の支持率は・・・

支持率60%以上の偏りが出ているカードは以下の通り

1枠の「ホーム山形勝ち」
3枠の「ホーム甲府勝ち」
5枠の「ホーム町田勝ち」
6枠の「アウェイ大宮勝ち」
7枠の「ホーム横浜FC勝ち」
9枠の「ホーム岡山勝ち」
11枠の「ホーム柏勝ち」

と今のところ7カードとなっています。

ただし、この7チームのうち、前節勝利したのは岡山と柏のみ。
はい、ハッキリ言って全くあてにはなりません。

特に1枠、3枠、9枠、11枠は投票率が70%後半~80%超となっていて、このあたりが
崩れると、一気に配当アップやキャリーオーバー発生要因となりそうです。


「上位vs下位」はどの上位チームを信用するか・・・

投票率の偏ったカードが多いので、ある程度絞り込みやすい気もするのですが、それは
あくまで上記の偏りがあったチームが信用できる場合。

前節の状況を受けると、やや心許ないですねぇ・・・(-_-;)

確かに1枠、3枠、6枠、9枠、11枠の試合は「上位vs下位」の対戦ですし、
6枠以外は上位チームのホームですから、鉄板視したくなりがちですが、そこを
信用するかどうかで予想の仕方が変わりますね。

ただ、5枠町田vs岐阜は「残留争い直接対決」ですので、本来トリプル有力カードと言えますので
この投票率は信用しない方がよさそうです。

その5枠も含め、2枠、4枠、8枠、10枠はトリプル必至のカードですが、どう予想を立てたら
いいのでしょうね。

ちょっと優劣のつけようがないと思うのですが・・・(-_-;)

これに普段全く見ていない「J3」の2試合。
特に13枠は3位vs5位ですし、こりゃ、今週も大変ですね(笑)


ということで、「Jリーグtoto」の難しさに改めて直面して、最初から白旗になりそうな
雰囲気ですが、心折れることなく、どのような予想にするかエンジョイしていきたいと
思います。

今回もまずはJ3minitoto対象外の試合から順に、急ぎ「本命予想」をたて、その後に
ダブル・トリプル含めた最終予想に行きたいと思います。

それでは今週も仕事にtotoに、楽しみながら頑張りましょう!!

ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら幸いです。
既に応援いただいた皆さん、ありがとうございます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-toto予想ぷれびゅー

© 2021 【toto予想】僕の妄想totoLIFE Powered by AFFINGER5