toto本命予想

第1025回toto本命予想

更新日:

Pocket

既に色んなドラマを生んだワールドカップですが、日本戦も終わり、準々決勝以降を
残すのみになって、だいぶ観戦も楽になってきましたね(^^♪

一方でJリーグの方は移籍情報が次々と・・・
例年以上に騒がしい夏のマーケットですが、プラスマイナスを最後まで見極めて
チームがどのように変わるのか、注視していく必要がありそうです。

それではキャリーオーバー継続中の第1025回を楽しみましょう。

とりあえず、本命を立ててみますが、今回も1試合づつ見ていきます。


01 水戸  Vs 讃岐
・前節東京Vに快勝し連勝の讃岐。ここ数試合は接戦を演じ、勝ち点も付いてきています。
・水戸も一時の不調からは抜け出したのか、ここ何試合かは勝ち点を拾い始めています。
・水戸DFジエゴは出場停止です。移籍してきた茂木はサブながらすでに戦力になっています。
・特筆すべき相性はありませんが、今シーズン初戦は水戸がアウェーで勝利。
似たような状況の両チーム、粘りあっての「0」本命で行きます。

02 町田  Vs 栃木
・前節2点ビハインドを残り10分で追いついた町田。
・連敗から抜け出せず、光の見えない栃木です。特に点がほとんど取れていません。
・栃木のトップスコアラーのMF西谷は出場停止です。
本命は「1」で問題ありません。あとは引き分けをどうするか・・・

03 金沢  Vs 山口
・ミッドウィークの甲府戦、数名をターンオーバーして勝ちましたが、コンディション面では
やはり不安の残る金沢です。ここ数試合の内容自体は悪くないようです。
・前節横浜FCに0-3の大敗の山口。攻撃面はともかく、失点があっさりしていたのがやや心配です。
・相性は圧倒的に金沢ですが、あてにはなりません。ちなみに今シーズン初戦は山口ホームでドローです。
コンディションを考慮し本命は「2」で行きます。
ただし、金沢の調子が悪いわけではありませんので悩みどころです。

04 千葉  Vs 大宮
・前節鬼門のアウェーで勝利した千葉。内弁慶ぶりを発揮して連勝なるでしょうか。
・安定感が出てきたと思った途端、最下位愛媛とホームでドロー。なかなか波に乗れない大宮です。
・千葉はSB高木の柏への移籍、松本MF工藤の復帰が発表されました。
・相性は特筆すべきものはなし。ちなみに今季初戦はアウェーで千葉が勝利しました。
千葉のホームでの強さを買って「1」で本命設定します。ただし、大宮の勝利もあるかもしれませんね。

05 松本  Vs 新潟
・鬼門のアウェーで快勝。順位もグッと上昇し、いよいよ乗ってきた松本です。
・低調な戦いぶりに「ホームで勝てない病」を発揮し、前節水戸とドローの新潟です。
・新潟はFWターレスが出場停止です。
・松本MF工藤の千葉移籍が発表されました。
・しかし、新潟はなぜかアウェイ戦績だけは悪くありません。
・相性は新潟ですが、かなり前の対戦が多くあてになりません。今季初戦は新潟ホームでドローです。
ここは迷わず「1」で行きます。あとは新潟のアウェーでの強さをどう評価しましょうか・・・

06 東京V Vs 岡山
・前節アウェーで20位讃岐にまさかの完敗の東京V。このところ順位を上げていただけに痛い敗戦でした。
・珍しく3-3という打ち合いでドローの岡山。ロースコアでの戦いが本来の姿かと思いますので
やや気になります。
・雨での途中中断の影響で、30分ゲームとは言え、実はこの前試合をしたばかりの両チームです。
・東京Vはガンバ泉沢に続き、神戸レアンドロの獲得も発表。本気度の感じられる補強ですね。
ただし、この両選手の出場は21日以降です。
・相性はやや東京Vに分がありそうです。
・ちなみに今季初戦は(ついこないだですが)アウェー東京Vが勝利しています。
岡山の戦いぶりにやや不安定さがあり、前節敗戦とはいえ、本命は東京V「1」で行きます。


07 横浜C Vs 山形
・今節一番の注目カードです。
・前節2位山口をアウェーで粉砕した横浜。イバに得点が生まれたのも好材料です。
・いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの山形。前節も好調岐阜を相手に危なげない勝利でした。
・相性は特筆すべきものはなし。ちなみに今季初戦はアウェーの横浜が撃ち合いを制しました。
難しい試合ですが、ここは9戦負けなしの山形の勢いを買って「2」で勝負。しかし、ここで
ダブル・トリプル使用は致し方ないかもしれません。

08 京都  Vs 福岡
・前節甲府相手にアウェーで粘ってドローの京都。今節は成績が出ていないホームでどうでしょうか。
・町田相手に終盤2点差を追いつかれ、3戦勝ちなしの福岡。どうしても勝ちが必要な試合です。
・京都はMFエスクデロに韓国移籍報道がありました。
・福岡は前節DF古賀が移籍してすぐに先発。その他、FWレオミネイロ、DF吉本の加入が決定
していますが、この二人の出場は21日以降となります。
・福岡DF篠原はこの試合も出場停止です。
やや足踏み中の福岡ですが、一方の京都もクラブそのものにやや不安定さを感じます。
ここは素直に「2」で行きます。

09 徳島  Vs 熊本
・前節首位大分に快勝。相手に退場者が出たとはいえ、自信を取り戻すきっかけになる試合でした。
・ただDF大崎に続き、FW山崎の移籍が発表されました。これはどうなのか・・・ピーターウタカは
まだ出場できません。
・一方、松本相手に早々に2失点し、完敗の熊本。鳥栖MF水野の加入が発表されました。
・相性は特筆すべきものはなし。今季初戦はホーム熊本が勝利しています。
選手の移籍報道は気になりますが、前節の快勝で気持ちの変わった徳島が連勝すると踏んで「1」でいきます。

10 大分  Vs 甲府
・首位大分は前節徳島に完敗。退場者が出たことも影響しました。
退場したDF丸谷はこの試合出場停止です。
・ミッドウィークに金沢に完敗。8人ターンオーバーしたとはいえ、このところの連戦で
コンディションに不安の残る甲府です。
・FWジュニオール・バボスは復帰した京都戦で再び負傷。同じ試合で攻守の要MF小塚も離脱。
さらにはFWリンスのF東京移籍が発表されました。チームには大きすぎる痛手です。
・ホームでの戦績も踏まえれば、圧倒的に大分有利な状況ですが、実は今季の前回対戦は2-6
という衝撃的なスコアで甲府が圧勝。
前回対戦の内容が気になりますが、今週ネガティブ要素が多く出た甲府を外して「1」でいきます。

11 岐阜  Vs 愛媛
・前節山形にアウェーで完敗。少し勢いに陰りが見え始めましたか。ここは踏ん張りどころの岐阜です。
・前節大宮にアウェーでドロー。粘り強く守れた愛媛です。
・岐阜DF阿部はこの試合も出場停止です。
・相性は特筆すべきものはなし。今季初戦はアウェー岐阜が3-1で勝利。
今季の戦いぶりから、とりあえず本命は「1」で設定。あとは引き分けをどうするか・・・

12 秋田  Vs 相模原
・秋田は2週間ぶりの試合。
・前節はガンバU23に完敗の相模原
・守備は固いが点の取れない秋田と、点は取れるが失点の多い相模原という対照的なチーム同士の対戦です。
・相模原のアウェー成績の悪さがやや気になります。
・相性は特筆すべきものはありませんが、このスタジアムだと0勝1分3敗の相模原です。
難しいですが、本命は秋田「1」とします。ドローも買いたいですが、予算次第です(-_-;)

13 長野  Vs 富山
・長野は前節は福島とホームでドロー。引き分けが多く波に乗れません。
・前節はアウェーで群馬に粘り勝ちした富山。移籍してきた木村の決勝ゴールでした。
・相性も特筆すべきものはなく、なんとも判断材料に乏しい対戦です。
鉛筆でも転がして決めようかと思うぐらい困った対戦です( ;∀;)。
しかし、やや選手補強で活性化している富山が有利と思い「2」で行ってみます。


前節より予想しやすいと思っていましたが、やはり1試合づつ見ていくと、かなり難しいです。

また、怪我や移籍情報も毎日かなり出ており、単純な戦力のプラス・マイナスだけでなく
クラブの「雰囲気」がどうなのかうまく汲み取れると、予想の精度も上がるのでしょうね。

まあ、いずれにせよ今節も「当たらない予想」を楽しみたいと思います。

土曜日午前中には最終予想をあげたいと思いますが、実際は7月7日の試合のスタメンをみて
購入しようかと思います。

それでは皆さんも予想を楽しんでください!!

ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら幸いです。
既に応援いただいた皆さん、ありがとうございます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-toto本命予想

Copyright© 【toto予想】僕の妄想totoLIFE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.