toto最終予想

第1138回toto最終予想(暫定)

Pocket

またしても、キャリーオーバーの持ち越し先となった「アジアW杯2次予選toto」。
当選目指し、またまた参戦です。

難易度の差が開催回ごとに激しく、当選金額のレベルも相当な差がありますが、
今回は締め切りが火曜日12:00という時間のなさで、急ぎ予想してみたいと
思います。

ちなみに締め切りは
「2019年11月19日(火)(ネット 12:00/toto取扱コンビニ 11:30/toto売り場 12:00) 」
ですので、お間違いなく。

それでは「暫定」ですが、行ってみましょう。


それでは管理人の最終予想(暫定)です。


※スマホ閲覧の方は横画面にすると、少し画像が大きくなると思います。
(11月18日06:30時点)


枠ごとの予想内容について・・・

アジアW杯2次予選ですので、超簡便に予想内容を記しますが、いずれも今回はグループリーグで
2回目の対戦で、9月の対戦時とホーム・アウェイが逆になっています。

(1枠)モルディブ(ポット4) VS グアム(ポット5)
※前回対戦 グアム0-1モルディブ
前回対戦もアウェイで勝利し、シリアにもアウェイで1点差と健闘したモルディブ優勢は動かず。
ただし、モルディブも総得点わずか3でロースコアの展開は大いに不安でドローの可能性は
捨てきれず。ホームモルディブ寄りながら、ドローも追加してのダブル設定です。

(2枠)ウズベキスタン(ポット2) vs パレスチナ(ポット3)
※前回対戦 パレスチナ2-0ウズベキスタン
グループD混戦の立役者パレスチナと、そのパレスチナに前回アウェイで敗戦のウズベキスタンの
対戦です。地力はウズベキスタン優勢と考えられますが、2回目の対戦で手の内もわかったことから、
本来の力が反映されると想像。2勝2敗と乗り切れないウズベキスタンも不安大で、迷ってしまうカード
ですが、ここは思い切ってウズベキスタン勝ちでシングル勝負します。

(3枠)マレーシア(ポット4) vs インドネシア(ポット5)
※前回対戦 インドネシア2-3マレーシア
前節タイを破る波乱を起こし、大健闘しているマレーシアと、全敗でグループ最下位に沈む
インドネシアの対戦で、ホームのマレーシア優勢は動かず。ただし、前回対戦時は接戦で
アディショナルタイムにマレーシアが決勝点を挙げており、安易なシングルは危険と判断。
ここはインドネシアの奮起も期待し、ホームマレーシア寄りもドローを追加しての
ダブル設定で行ってみます。

(4枠)シリア(ポット2) vs フィリピン(ポット3)
※前回対戦 フィリピン2-5シリア
アウェイでの前回対戦でも5点を奪ったシリアの優勢は動かず。ホームで中国とドローを演じた
フィリピンもアウェイでの力量は未知数であり、ここは順当にホームシリア勝ちでシングル勝負です。


(5枠)オマーン(ポット2) VS インド(ポット3)
※前回対戦 インド1-2オマーン
グループEで首位争いを演じるオマーンが、まだ勝ちのないインドに前回アウェイでも勝利を挙げており
優勢は動かない印象。しかし、前回対戦は試合終盤まで同点という展開だったことと、インドはカタールと
アウェイでスコアレスドローを演じている点を考慮し、ホームオマーン寄りにドローを追加しての
ダブル設定です。

(6枠)ネパール(ポット5) vs クウェート(ポット4)
※前回対戦 クウェート7-0ネパール
本来ポット4以上の実力があると思われるクウェートが、ホームとは言え前回対戦では7点を奪って圧勝
しており、さすがに波乱はないと想像。ここは順当にアウェイクウェート勝ちでシングル勝負です。

(7枠)ベトナム(ポット2) vs タイ(ポット3)
※前回対戦 タイ0-0ベトナム
前回もスコアレスドローとなっているグループ首位攻防戦。前節マレーシアに不覚を取ったタイに比べ
安定感でややベトナム優勢な気もしますが、ともにポット1のUAEを破った実力国。
ここはリスク回避でトリプル設定です。

(8枠)キルギス(ポット2) vs タジキスタン(ポット3)
※前回対戦 タジキスタン1-0キルギス
日本と対戦し、お馴染みの両チームの対戦。ともに日本を苦しめ、一定の力量はあると感じられましたが
タジキスタンはアウェイ連戦とやや厳しい環境で、しかもミャンマー不覚を取って、やや気落ちしている
のではないかと想像。それに比べキルギスはホーム連戦というアドバンテージあり。
本来はトリプル候補カードと思われますが、ここは初戦とは逆の目が出ると想像し、思い切って
ホームキルギス勝ちシングルで勝負をかけてみます。


(9枠)ヨルダン(ポット2) VS 台湾(ポット3)
※前回対戦 台湾1-2ヨルダン
前回対戦は接戦を演じた台湾ですが、ここ2試合オーストラリア、クウェートに大量失点を喫しており
アウェイではヨルダンに勝ち目はないと想像。ここは迷わずホームヨルダン勝ち本命とします。

(10枠)レバノン(ポット2) vs北朝鮮(ポット3)
※前回対戦 北朝鮮2-0レバノン
前回対戦は北朝鮮が勝利したカードですが、前節アウェイでトルクメニスタンに3失点と、やや危うさの
露呈した北朝鮮はアウェイ連戦でやや厳しい状況と想像。一方レバノンはホームで韓国とドローを
演じ、しかもホーム連戦というアドバンテージあり。ここは思い切ってホームレバノン勝ちシングルで
勝負します。

(11枠)ミャンマー(ポット4) vs モンゴル(ポット5)
※前回対戦 モンゴル1-0ミャンマー
前回対戦はホームのモンゴルが勝利しましたが、ミャンマーはホームでタジキスタンを破る波乱を
起こしており、やはりミャンマーホームの環境はモンゴルには厳しいと想像。ミャンマーも失点が多く、
心配は尽きませんが、ここは思い切ってホームミャンマー勝ち本命とします。

(12枠)トルクメニスタン(ポット4) vs スリランカ(ポット5)
※前回対戦 スリランカ0-2トルクメニスタン
前節北朝鮮を破ったレバノンに対し、4戦全敗無得点14失点のスリランカはアウェイでは抵抗力なし。
ここは順当にホームレバノン勝ち本命とします。

(13枠)イエメン(ポット4) vs シンガポール(ポット5)
※前回対戦 シンガポール2-2イエメン
混戦のグループDで実力の接近した両チームの対戦は、前回対戦もドローで予想困難カード。
ただ、イエメンはホームではサウジにドロー、パレスチナに勝利と強さを示しており、
シンガポールに不覚を取ることはないと想像。ただ、ドローの可能性が捨てきれないことから、
ホームイエメン寄りにドローを追加してのダブル設定です。


ここまで予想しましたが、キャリーオーバーが発生し、Jリーグtotoほどの難易度ではないので
今回はマルチで勝負いたします。

難易度は超々鉄板だった第1128回と、波乱続きだった第1136回の中間ぐらいですかねぇ・・・

前回対戦は参考になりますが、やはりホーム・アウェイでは全然違う結果になりがちなので
要注意ですね。

比較的順当な結果になりそうな気がしますが、私はホーム寄りにしながら、ドローで波乱を
抑える作戦です。

さすがに第1136回ほどの波乱はないと見ていますが、どうでしょうね。

前回同様こちらのサイトを参考に完全一夜漬けで上記予想内容記載も誤認だらけかもしれませんが、
ご容赦下さい。

また、今の段階は一応「暫定」としています。
慌てて予想したので、月曜日夜にもう1回見直してして購入しようと思っています。

それでは、皆さんに「アジアW杯2次予選」totoの神様が舞い降りますように!!

ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら幸いです。
既に応援いただいた皆さん、ありがとうございます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-toto最終予想

Copyright© 【toto予想】僕の妄想totoLIFE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.