toto最終予想

第1165回海外minitotoA組最終予想(確定)

Pocket

再開後2度目の海外minitotoはA組はブンデス対象の第1165回ですが、先日アップした

第1165回海外minitotoA組本命予想

に続いて、ミッドウィークの試合も終わり、連続当選目指しての最終予想に行きたいと思います。


ミッドウィークのブレーメンvsフランクフルトは0-3というスコアでフランクフルト勝利でしたが
ブレーメンの状態もよくなっていたので意外な大差でした。

どうも後半終盤に一気に点差が開く試合も多い気がします。過密日程も影響していますかねぇ・・・

その結果も踏まえての最終予想です。

管理人の第1165回minitotoA組最終予想(確定)は以下の通りです。


※スマホの方は、横画面で閲覧すると少し表が大きくなります。


管理人のA組予想コメント

本命予想からダブルトリプルを加えた枠について、いつものように中身のない予想コメントです。

(1枠)SCフライブルク VS ボルシア・メンヘングラードバッハ
ボルシアMG優勢が本筋も、あえてホーム・アウェイ戦績を考慮してホームフライブルグ勝ち本命と
しましたが、地力や再開後戦績もボルシアMGが上回ることを考えれば、やはりリスク回避は必須と
判断。
ボルシアMG本来の力と、今回のオープニングゲームということも考慮し、リスク回避のトリプル設定です。

(3枠)バイヤー・レヴァークーゼン VS バイエルン・ミュンヘン
ここ15戦14勝1分と死角の見当たらないアウェイの首位バイエルン勝ち本命としましたが、バイエルン
相手に波乱を期待できる数少ないチームであるレヴァークーゼンということで、ややそそられてしまう
カード。
バイエルン優勢は言うまでもありませんが、波乱と好ゲームを期待し、遊び心満載のトリプル設定です。

(5枠)FCアウグスブルク VS 1.FCケルン
相性面を考慮し、ホームアウグスブルク勝ち本命としましたが、やはりともに波に乗り切れない両チーム
の対戦で、どう転んでもおかしくない予想困難なカードと判断。
予想困難な両チームの対戦は、リスク回避のトリプル設定です。


・・・ということで、実は1試合ごとの予想と言うよりは、3試合をトリプルにして「予想を回避」し、
明らかにコンディション面での不安の残る2枠フランクフルトと、4枠ブレーメンの「シングル負け」を
予想したということになります。

中断明けでただでさえコンディション調整が難しい中で、先週に続いて過密日程になる両チームは
「さらに厳しい戦い」になるという想定です。

まあそうは言っても、あまり調子のよくない2枠マインツ勝ちシングルは相当にリスキーかとも思います
が、他の試合も絞り切れないので、割り切っていくことにしました。

鉄板候補のバイエルンをトリプルにしてしまったので投資額も増え、おまけに日本人プレーヤー所属の
2チームの「シングル負け」はやや心苦しさも残るのですが・・・(-_-;)

さて、ここで改めて現時点の投票率を確認してみます。

やはりバイエルン、フランクフルトあたりに支持は集まってますねぇ・・・(-_-;)


とりあえずこんな感じの予想・・・というか、「買い方」になってしまいましたが、復帰初戦での当選も
あって今回は少し「大きめ」に狙い、気楽に臨みたいと思います。

なお、投票締め切りは前回に続き土曜日ではなく
「2020年06月05日(金)(ネット 19:00/スポーツくじ取扱コンビニ 11:30/くじ売り場 12:00) 」
となっていますので、改めてお気を付けください。

それでは皆様に海外minitotoの神様が舞い降りますように!!

ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら幸いです。
既に応援いただいた皆さん、ありがとうございます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-toto最終予想

© 2021 【toto予想】僕の妄想totoLIFE Powered by AFFINGER5