toto本命予想

第1158回海外toto本命予想(プレミア編:7~13枠)

Pocket

Jリーグの開催延期に伴い、急遽開催されることとなったプレミア・ブンデス対象
第1158回海外totoですが、まずは手始めにプレミア7試合の本命予想から行ってみます。

相変わらずの情報収集不足・知識不足で、予想と言えるレベルではありませんが、
とりあえず、週末に妄想するためだけに、予想をスタートしてみます。


それではプレミア7試合の本命予想です。


※スマホ閲覧の方は横画面にすると、少し画像が大きくなると思います。
(3月3日22:15時点)


枠ごとの予想コメント

知識に乏しい海外リーグに予想コメントというほどのものはないのですが、
取り急ぎ、超簡易に下記のとおりです。

(7枠)リヴァプール VSAFCボーンマウス
前節ワトフォードにまさかの完敗でついに無敗街道がストップしたものの、驚異の戦績で首位独走の
リヴァプールと、前節チェルシーにドローと健闘したものの、降格圏に転落した18位ボーンマウス
の対戦。前節連勝ストップとはいえ、ホームゲームでもあり、リヴァプールが2節続けて下位相手に
不覚を取るのは考えにくい状態。
リヴァプールの地力と、ボーンマウスの状態を考慮し、順当にホームリヴァプール勝ち本命とします。

(8枠)サウザンプトン vs ニューカッスル・ユナイテッド
前節ウェストハムに破れ、連勝ならなかった13位サウザンプトンと、前節バーンリーとスコアレスドロー
の14位ニューカッスルと順位の近い両チームの対戦。サウサンプトンの状態もハッキリしませんが、
ニューカッスルはリーグ戦4試合無得点でリーグ最少得点となっており、明らかな得点力不足の状態。
サウサンプトンも不安定ですが、ニューカッスルの得点欠乏症を重視し、まずはホームサウザンプトン勝ち本命でスタートです。

(9枠)バーンリーFC vs トテナム・ホットスパー
前節ニューカッスルとスコアレスドローの9位バーンリーと、前節ウルヴァーハンプトンに競り負け、
連敗となった7位トテナムの対戦。バーンリーはリーグ戦ここ6試合4勝2分でこの間の失点がわずか
2点と戦いぶりに安定感あり。一方のトテナムはCL絡みで過密日程が続いている点も気がかりで、
負け越しているアウェイゲームの戦績も含め、やや心配な面が多い印象。
地力のあるトテナムは侮れませんが、ここは好調バーンリーの勢いとトテナムのアウェイ戦績を考慮し、まずはホームバーンリー勝ち本命でスタートします。


(10枠)アーセナル VS ウェストハム・ユナイテッド
前節はリーグ戦のなかった10位アーセナルと、前節サウザンプトンに勝利し、元旦以来のリーグ戦白星
で降格圏を脱した15位ウェストハムの対戦。リーグ戦2連勝中ですが、ドローの多さから中位に低迷
しているアーセナルも不安がない訳ではなく、油断はできないカード。それでも前回対戦はアウェイの
アーセナルが快勝している点を重視。
やや心配な点はありますが、本来の地力と前回対戦結果を重視し、まずはホームアーセナル勝ち本命でスタートします。

(11枠)シェフィールド・ユナイテッド VS ノーウィッチ・シティ
前節はリーグ戦のなかった7位シェフィールドUと、前節レスターを破る波乱を起こした最下位
ノーウィッチの対戦。ここ3試合も負けがなく安定感のあるシェフィールドUに対し、前節こそ
勝利のノーウィッチですが、依然大きく離されての最下位であり、特に14試合でわずか1勝の
アウェイ戦績では劣勢は否めず。
シェフィールドUの安定感に、ノーウィッチのアウェイ戦績を考慮し、順当にホームシェフィールドU勝ち本命とします。


(12枠)ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ VS ブライトンアンドホーヴアルビオン
前節トテナムに逆転勝ちで6位浮上のウルヴァーハンプトンと、前節クリスタルパレスに敗れ、
年明け3分5敗と新年になって勝ちのない15位ブライトンの対戦。地力・安定感ともウルヴァー
ハンプトン優勢ですが、連勝中とはいえ、ウルヴァーハンプトンも年明けで見れば3勝3分2敗と
ハッキリしない戦績で、ドローも多いのが気がかり。
本来ウルヴァーハンプトン優勢が本筋ですが、このところの両チームのドロー出現率の高さに着目し、まずはドロー本命でスタートしてみます。

(13枠)クリスタル・パレス VS ワトフォード
前節ブライトンに完封勝利の12位クリスタルパレスと、前節無敗のリヴァプールに3-0という
驚きのスコアで土をつける大波乱を起こし降格圏を脱した17位ワトフォードの対戦。
最少得点でしぶとく連勝しているクリスタルパレスと、波乱を起こしたワトフォードですが
ともに決め手はない上、元々得点力自体がそれほど高くないチーム同士であることに着目。
予想困難で判断材料に乏しいカードですが、ロースコアのクロスゲームを想定し、まずはドロー本命でスタートします。


プレミアの7試合の本命設定をしてみましたが、本命に迷いのなかった7枠と11枠の2試合に比べ、
ドロー本命の12枠や13枠をはじめ、他の5試合はかなり本命設定が難しいカードとなっています。

現在の投票率自体は結構支持率が乖離しているようですが、そんなに簡単な試合はない印象です。
前節はリヴァプールでさえ、敗れてますしねぇ・・・

管理人は思い切って、9枠でトテナムを切ってホームバーンリー勝ち本命としたのをはじめ、
12枠、13枠をドロー本命でスタートしていますが、正直この5試合はどう転んでも不思議はないので、
支持率の推移を見ながら、最終予想では、遊び心を如何なく発揮して「妄想」に浸ることも検討中
です・・・(-_-;


いずれにせよ、ブンデスの6試合も眺めた後で、頭の中をよく整理して、最終予想時にもう一回
しっかり考えたいと思います。

まあ、まだ時間もありますしね・・・(-_-;

そのブンデス6試合の本命は、明日アップしたいと思います。

それでは引き続き、急遽代替開催となった海外totoの予想を楽しみましょう。

ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら幸いです。
既に応援いただいた皆さん、ありがとうございます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-toto本命予想

© 2020 【toto予想】僕の妄想totoLIFE Powered by AFFINGER5